Welcome To The CMA's Corner


Update Sep 27 2013




cma-japan














ツーバイフォーの三井ホームよりお知らせ
「暮らし継がれる家」をお届けしたい。「住まいとは、歳月を重ねるほどに住みやすさを深めていく良質なストックとなるもの」というのが同社の一貫した姿勢。住む人の夢をかなえ、永く愛され、大切に暮らし継がれていく住まいづくりに取組んでいる。

特徴
・木の家スマートツーバイフォー工法

高気密・高断熱の木の家ツーバイフォー工法に蓄電池やエネルギー監視システムなどのスマート設備、創エネ・省エネ設備や快適設備の組み合わせ、自然の力を活用した設計とデザインで環境にやさしい住まい。それが三井ホームのスマートツーバイフォー。

・ユーザーの理想をチームでかなえる
建築家、インテリアコーディネーター、エクステリアデザイナー、プロジェクトリーダーがユーザーにあわせたオリジナルチームが編成され、末永く愛せる理想の一邸を形にしていく。


現在、ディズニーキャラクターとコラボした【ハッピサマーフェア2013】を実施しており、カタログを請求したユーザーには、ここでしか手に入らないPC/スマートフォン用の壁紙をプレゼント中!(9月1日まで)。

ちなみにツーバイフォー工法とは、木造枠組壁構法(もくぞうわくぐみかべこうほう)の事で、カベ(耐力壁)とユカ(剛床)を強固に一体化した箱型構造。在来工法である木造軸組構法が、柱や梁といった軸組(線材)で支えるのに対し、ツーバイフォー工法では、フレーム状に組まれた木材に構造用合板を打ち付けた壁や床(面材)で支える。強みは、耐震性、耐火性、断熱性、気密性、更には防音性。
同社は日本におけるツーバイフォー工法のパイオニア。同工法がオープン化された1974年に設立され、数多くの実績を残してきた。ツーバイフォー工法は、同社が長年こだわり続けてきた「理想の家づくり」のための基本技術である(同社Webサイトを参考に作成)。

Copyright 2013 cma-japan .all rights reserved